結婚相談所の公表している数字について

結婚相談所に入会すれば「必ず結婚できる!」といまだに信じて入会される方がいます。

もちろん結婚できないわけではありません。

多くの方が素敵なパートナーを見つけて、新しい人生を歩んでいっています。

でも、「必ず結婚できるか?」と聞かれると、決してそうではないのです。

最近ではそんな妄想を持って入会し現実に打ちのめされた方からのクレームも増えたのか、結婚相談所でも成婚数などの数字を積極的に開示するようになりました。

今まではこれらの数字は公表されることはありませんでした。

だって、「え!?たったこれくらいしか結婚できないの!?」なんて数字だったら、誰も入会しなくなるからです。

成婚数は退会数などに表現方法を変えて表現されることもあります。

結婚するために退会した人の数=結婚した人の数ということです。

しかしこの数字もそのまま信じることはできません。

なぜなら誰と結婚したかは分からないからです。

結婚相談所で知り合った人でなく、普通に友人の紹介で知り合った人と結婚しても退会はしますから。

別に結婚相談所に入会しなくても結婚できた人が、退会者の中には含まれる訳です。

結婚した人の数字を水増ししているのが透けて見えてきます。

結婚相談所が公表する数字は、他にもしっかりとチェックしておかないと危ないものもいくつかあります。

数字って見せ方によっては、いいように表現できるから要注意なのです。

なんか具体的な数字が書かれていると、ついつい信頼してしまいますからね。

もちろん何でもかんでも嘘が書かれている訳ではありません。

さっきも書きましたように「見せ方が上手」なだけで、嘘では無いケースが多いのです。

「確かにそういう言い方もできるよね」的な感じです。

結婚相談所は、独身の男女が新しい出会いを求める場としては貴重な存在ですが、すべてを委ねるような意識だと思うような結果はでないかもしれない!

そういう思いで結婚相談所選びや入会を検討した方がいいでしょう。

結婚相談所にまつわる注意事項をいくつか書いていこうと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。