結婚相談所に入会しても、結婚できるとできない人に分かれます。

結婚できない人

もちろん男性ならば年収、女性ならば年齢という条件で結婚できるできないの結果は変わってきます。

でもそういう条件面での差と違う部分でも、違いってあるんです。

あまり条件面では良いとは言えない人でも、結婚相談所を利用して結婚できる人は大抵の場合カウンセラーなどの仲介人とコミニケーションを深く取っている人です。

どういうことかというと、結婚相談所では年齢や年収などの希望条件を踏まえた上でカウンセラーなどの仲介人が男女を引き合わせします。

その場合に、普段からコミニケーションをしっかりとっている人の方が相手の紹介がぴったりとハマりやすいということです。

その人の性格や特徴や希望を理解しているので、「この人ならあの人に合うかも」という判断が感すらもしやすくなるのです。

その人の性格や特徴を分かった範囲でしか検討できないので、普段から疎遠な場合では少し的が外れてしまうのもしょうがないことです。

高い料金を払って結婚相談所を利用するのですから、しっかりとコミニケーションをとって自分の希望や理想を理解しもらうようにしましょう。

カウンセラーといかにして2人三脚の関係を築けるかが、結婚相談所で理想の結婚をするための必要条件です。

それだけ結婚相談所の費用は高くなりますが、希望する結婚ができるなら必要経費と割り切りも必要です。

結婚相談所では仲介人となるサポーターとかアドバイザーみたいな存在がいます。

実は、その人達との関係性ってメッチャ大切なんですよね 😯

どうしてかっていうと、そのアドバイザーが会員同士の相性を考えて、引き合わせを行うからです。

つまり、その仲介人にどう思われているかで、紹介される人や紹介される件数が変わってくるということです。

 

これって怖いですよねぇ~。

仲介人との相性が悪いと、なかなか紹介してもらえないなんてこともあるかも・・・です。

だから、先ずはアドバイザーなどと呼ばれる仲介人との相性をしっかりと見極める必要があります。

その人の性格とか考えを理解したうえで、やり取りをしないと、こちらの思うように動いてもらえません。

こちらの考え方や好きな好みをしっかりと伝えておくことはもちろん、上手にコミュニケーションが取れるように仲介人との関係は上手に作り上げて行きましょう。

 

彼女(彼)たちも、会員とうまくやっていきたいと思っているのですから、あ互い歩み寄って婚活を一緒に進めていきましょう。

入会時のカウンセリングが一番最初にゆっくりと時間を取って話す場面になりますので、丁寧にしっかりと分かり合えるように向きあいましょう。

入会時のカウンセリングはこんなふうにしてみてはどうすか?>>>入会時のカウンセリング例

入会したことのない人にはイメージできないかと思って、婚活体験談を紹介している人の例を参考にあげてみました。

ご参考までに!

 

結婚相談所って第一印象として・・・「お金が掛かる」って思っていませんか!?

 

実は、大正解です。

 

結構お金がかかるんですよね。

入会するだけでも、何万円~何十万円というお金が発生します。

さらに月会費や成婚料などが必要になることも・・・。

結婚するまでに50万円以上掛かってしまうこともあります。

 

それでも魅力があるのが結婚相談所なのです。

手厚いサポート体制だとか、それくらいのお金を支払える経済力とか。。。

結婚相談所での婚活って、いろいろとメリットがあります。

 

素敵な結婚相手が見つかるならば、それなりのお金は支払うよ!って方には向いています。

確かに、お金を支払うことによって、目の前に納得のいく結婚相手を連れてきてくれるならば納得できそうです。

 

もちろん大金を支払ったのに、全然良い出会いがない・・・という場合は問題ですが。

そんな結婚相談所って揉め事が多かったりするみたいですね。

もちろんこれは結婚相談所側の問題ばかりでなく、婚活している本人に問題がある場合も多いようです。

「お金払っているんだから、しっかりサポートしてちょうだいよね!」なんて姿勢でいると、なかなか婚活もうまくいかないですよね。

お客様でも謙虚な姿勢を忘れてはいけないと思います。

 

とにかくお金があると、婚活に対しても積極的に行動することができます。

婚活費用にあてたり、身なりを小奇麗にしたり、自分磨きにお金を掛けたり。

お金ってやっぱり大切だなって思います。

使い方にもよりますが・・・。

 

結婚相談所などで婚活をする場合に大切なのは第一印象です。

そのためにも日頃のスキンケアなどお手入れはしっかりとしておきたいところです。

一年を通して美しい肌でい続けるには、季節にマッチしたお手入れをしましょう。

春に行うスキンケアは苦労することもあります。
患っている人が多いスギ花粉によって起こるアレルギー対策も取り入れなければいけないからです。
春は潤いが足りなくなるので、きちんと潤いをプラスしなければいけないのです。
花粉症によって不安定になる目の周りや鼻のあたりも、しっかりお手入れをすることが大切です。
肌を紫外線から守る対策も必ず行わなければいけません。

夏については、厳しい紫外線への対策と皮脂対策をしなければなりません。
夏はエアコンの影響で室内と外の温度の差がかなりあるので、身体は疲労してしまいます。
汗から解放されたくて、他の季節よりも洗顔をする回数が増える人もいるようです。
そんなふうに洗顔の回数をあまり多くしてしまうと、肌の保湿力が低下して、逆に皮脂分泌を活発にしてしまいます。
夏にしっかり乾燥から肌を保護することが必要とされています。

秋は肌にとってより良い時期と考えて良いでしょう。
乾燥対策や保湿のためのケアまでは考えなくても良いでしょう。
秋が訪れたら、夏の日差しが照りつけた肌が元の健康的な状態になるようなお手入れを頑張りましょう。
悩みの種であるにきびや吹き出物を治すなら、秋こそがチャンスと言えます。

冬の間は完璧なお手入れが必要不可欠な季節です。
家の中でも野外でも潤い不足への対策をしっかり行うことが大切です。
加湿器で対策をしている家でさえ乾燥は止まらないので保湿を中心としたお手入れをしましょう。
さらに言うと、積雪がある地域では紫外線へのケアも合わせて行わなければなりません。
こうして考えると、春夏秋冬のスキンケアが全て同じでは、美肌を実現するのは無理だと分かるでしょう。
いつまでも美肌でいるためには、四季の変化に伴う自分の肌状態を確認しながら、最も合っているスキンケア法を選び出しましょう。